新薬の開発、生物医学的介入、植物や動物の遺伝的な エンジニアリングこのように、新しい技術によって何百万人もの命が救われています。しかし、これらの進歩が他者に危害を加えたり、他の種類の倫理的な不確実性をもたらす可能性があることに注意することが重要です。 

治療法や医薬品をヒトを対象とした臨床試験で試すとなると、倫理遵守や被験者の安全確保など、新たな課題が発生します。 

実際には、こうした新しいアプローチの中には、最終的にパイプラインを抜けるものもあり、その場合、本人やその家族、そして メディカル リスクを評価し、利益を秤にかける専門家。だからこそ、生命倫理が存在するのである。健康と 科学 政策、生命科学、医療は、包括的な学問分野である生命倫理の基礎であると考えられています。

生命倫理とは何か?

生命倫理は、生物医学および生物医学に起因する問題を研究する学問である。 研究 倫理的、社会的、法的であること。生命倫理の各パートについて説明する必要がある。倫理とは、対立する原理間の対立を特定し、研究し、解決または軽減することである。 

時代を超えた倫理的な問いは、「すべてを考慮した上で、どのように行動すべきか」ということです。バイオ」という言葉は、この倫理的な問いを、以下のように位置づけています。 文脈 生物学的機関の生命倫理の中心は、医療、研究倫理、そして人間の活動に関わる問題を検討する環境倫理、公衆衛生倫理です。 

教育者、講師、政策立案者、倫理委員会委員など、生命倫理専門家は、医学研究や医療における倫理的、社会的、法的問題について研究を行い、助言を行います。また アカデミック 生命倫理学者は、大学、病院や医療センター、あるいは政府機関、民間企業や財団に勤務することがあります。

研究において、倫理は最も重要なものです。

研究倫理は、研究対象がヒトか動物か、臨床研究か応用科学かにかかわらず、研究中に生じる倫理的な懸念や疑問点を幅広くカバーするものである。 

規制の枠組みでは、ほとんどの倫理的問題に対処することはできない。研究科学は、偏りがなく事実に基づいていると考えられているが、倫理的な問題にも直面している。 研究倫理には、以下のようないくつかの問題が関連しています。 グローバル と国レベルでは、機密保持、 科学的 誠実さ、妥当性、信頼性、潜在的な利益相反、治療上の誤認、二次的・予期せぬ発見、プラセボ、地域社会に対する研究者の責任、インフォームドコンセントなどなど。

など、コラボレーションワークの根幹をなす価値観。 しんらい, にない, 相互尊重そして 完全性は、倫理的な慣行によって促進されるものであり、様々な分野や組織から多くの異なる人々が参加する研究において採用されることが多いのです。 

研究においては、帰属に関するガイドラインなど、学際的な協力を促しながら知的財産権を保護する倫理規範が数多く存在します、 マルシー ポリシー、特許ポリシーがある。研究者のアカウンタビリティは、多くの倫理規範によって強化されている。

各分野における倫理観

生命倫理の問題は、いくつかのカテゴリーに分類することができます。医師や患者だけでなく、科学者、政治家、そして一般市民も巻き込むことになります。生命倫理には、以下に述べるようないくつかの具体的な領域があります。

臨床倫理 

臨床倫理の学問分野では、医療行為中に生じる倫理的疑問や意見の相違に対処する方法が模索されています。倫理学の実践者は、専門家、個人、グループ、家族、保護者、その他の関係者の間で意見の相違や不確かさが生じた場合、その道徳的対立を特定し、評価し、解決します。

遺伝学

予防、調査、投与、生殖の決定など、今日の医療において遺伝学は大きな役割を担っている。遺伝子技術の進歩の結果、価値観の対立が生じます。このような状況の中で、生命倫理学者たちは、ある個人がまだ治らない深刻な遺伝性疾患の突然変異を持っている場合、倫理的に何が妥当なのかを調査しています。 

全ゲノム配列解析により、将来子供を妊娠することに関連する重大な潜在的リスクが示された場合、親は将来の子供に対してどのような倫理的義務を負うのでしょうか。ゲノムの時代は生命倫理を新たな次元に押し上げたのです。

健康政策

公衆衛生政策は、政府がヘルスケアを規制するための努力である。医療へのアクセスを提供することは、政府の政策の優先事項でなければならない。治癒研究は刺激されなければならず、健康の質は保護されなければならず、医療支出は制御されなければならない。ヘルスケアへの膨大な公共投資を考えると、公平性は保健政策にとって最も重要な道徳的価値である。

ニューロエシックス

神経倫理学では、それらの懸念を解決するために、研究が体系化され、擁護され、推奨されます。このプラットフォームで扱うことのできるテーマは、神経強化薬、記憶を減衰させる処置、神経人工器官、ニューロイメージング、ニューロテクノロジーをめぐる政策問題など、多岐にわたります。から、私たちが互いについてどのように考え、どのように接するかを検証します。 セオレティカル と反省的な視点を持つ。

リプロダクティブ・エシックス

生殖倫理というテーマは、社会的・法的な論争を引き起こし、リプロダクティブ・ジャスティスの問題と密接に結びついている。この分野では、生殖補助医療、代理出産、子孫の遺伝子組み換え、そして生殖能力のコントロール(避妊)、妊娠の終了(中絶)、未成年者へのアクセス、子供や母親の権利と福祉に関する一般的な懸念など、数多くの問題が取り上げられています。

意思決定の共有化

医師は、これまでの経験やエビデンスに基づく知識をもとに、十分な情報を得た上で治療に関する意思決定を行います。そして、患者さんは、自分の価値観や嗜好に照らして、提供された情報に基づいて、自分の医療の選択肢を明確にし、決定する。医療行為において、共有された意思決定は、倫理的な医療行為を反映し、患者さんの自律性へのコミットメントを認めるものである。患者さんを中心とした医療は、2人の専門家が共に意思決定を行うことで最良の結果を得ることができるのです。

手間なく、美しい科学的なインフォグラフィックスを作成できる

インフォグラフィックの力を活用して、科学的な研究を長期的によりインパクトのあるものにしましょう。使用方法 マインドザグラフ このツールは、80以上の分野で使用されている60,000以上の高品質な科学画像にアクセスし、発見することができます。 驚くべき のテンプレートがあります。また、当社のエキスパートがお客様のためにカスタマイズしたインフォグラフィックスを作成することも可能です。私たちと一緒に、いつも特別なインフォグラフィックを作りましょう。 インフォグラフィック!

ロゴサブスクライブ

ニュースレターを購読する

効果的なビジュアルに関する高品質なコンテンツを独占配信
科学におけるコミュニケーション

- 専用ガイド
- デザインのヒント
- 科学ニュース・トレンド
- チュートリアルとテンプレート