コロナウイルスの致死率については、数値が大きく異なっています。イタリアでは8-9%の死亡率を報告していますが、ドイツと日本では1-2%に近い数字が報告されています。

なぜ、そうなるのでしょうか?

今日の数字報告では、6万4千人のコロナウイルス感染が確認され、6千人強の死者が出ています。死亡率は9.3%です。かなり高いですね、心配です。

しかし、日本では約1000人の患者のうち33人が死亡し(死亡率3.3%)、ドイツでは約3万4000人の患者が確認されたのに死亡者は159人だけだった...待てよ、これは死亡率0.5%に過ぎないぞ。 

日本より6倍、イタリアより20倍近くも低い。ドイツは何が違うのか?

私はすでに意見を持っていますが、利用可能なすべての説を網羅しましょう。
 1) 最も明白なこと:ドイツの医療制度はより整っている
2)ドイツは革新的な治療法を使っている
3)ドイツはまだ発生初期なので、死亡率が安定するまでの「十分な時間」がなかったこと

また、あまり知られていないことですが、単に多くの人をテストしているだけということもあります。

どれくらいの影響があるのでしょうか?少なくとも10倍です。10倍以上の人を検査しているのです それで死亡率がこれほど下がるのです 現実にそうなのです

発症しない人も多いので、正確な患者数を把握できていないだけなのです。

最も簡単な説明は、しばしば正しいものである。科学では「オカムの剃刀」と呼ばれます... この数字の食い違いをかなり単純に説明していますね

また、この数字は、現場の医療従事者の「認識」に近いものです。割合としては、コロナウイルス感染で亡くなっている人はそれほど多くない、つまりそれほど深刻ではないのですが、しかし、呼吸器系の病気としてはウイルス性が高いので、この数字になっているのです。

ドイツでは、たとえ症状がなくても積極的に検査を行っています。それが、国民の感染率を正確に推し量る唯一の方法なのです。

ここで一言だけ言わせてもらうと、「パニックにならないでください」です。 この時代は終わったのです。

感染予防に努め、手洗いをし、免疫システムをしっかり整えておく、それだけです。

十分なクリティカルケアが可能であれば、致死的な原因になる可能性は低い。

治療が進行中で、来年にはワクチンができ、この事態は過ぎ去るでしょう。あなたの次の誕生日パーティーまでに、コロナウイルス感染がトレンドトピックになることはないでしょうね。

ロゴサブスクライブ

ニュースレターを購読する

効果的なビジュアルに関する高品質なコンテンツを独占配信
科学におけるコミュニケーション

- 専用ガイド
- デザインのヒント
- 科学ニュース・トレンド
- チュートリアルとテンプレート